読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ネガティブにデータサイエンティストでもないブログ

経済統計屋。気分悪くなったらごめんなさい (´・д・`) ゴメンネ データサイエンティストという呼称が好きじゃないんです https://twitter.com/dscax

データサイエンティストが要らない日はもう来ている ver2

ただし、米国では、ね。 タイトルは下記記事へのリスペクトです。

 

データサイエンティストが要らなくなる日が来るかもしれない

http://it.impressbm.co.jp/e/2013/08/01/5054

 

 このまったくセクシーな職業じゃない感の漂う、地道かつ誠実な記事を読んでみて、最後に「さらば!データサイエンティスト」とか書いてあるのを見て、「そうか、君が、トドメさしちゃうのか・・・」と思ってしまったのでブログ書きます。 

 

ただ、ちょっと社畜愛にあふれすぎじゃないかと思うんですよねえ。

 

f:id:dsca:20130730202619j:plain

マネージャー「じゃあWekaの決定木でいろいろ試してやってみてよ」

 データサイエンティスト「いや、たぶんLIBSVM使ったほうが精度が・・・」

 マネージャー「SVMは何で良くなったかわからないじゃん!」

 そう、これくらいが理想です。

出展  

 

いや全然、理想じゃないと思いますよ。ご苦労様ですと言いたいですけども。

そんなの最初から客と握っとけ!根拠(説明)と結果(精度)がどっちが大事か!

と、私は思ってしまうんですよ。ほんとごめんなさい。 

 

楽天市場のサイト作りはダサい。ダサいはダサいが、オサレなデザイナーやイケてるWeb屋に高額支払って作る新規ECサイトより、売上が期待できるのは事実なんだ!デザインと売上、どっちが大事なんだ!なにこらタココラ!

(閑話休題 ※もちろんたくさん異論もあると思います)

 

だから、こんなこと言うマネージャーはダメ。いたらそれはマネージャーじゃなくて同質の同系統データサイエンティストでしょうよ。こんなマネージャーは 顧客視点あるいは案件効率的に、まったく仕事できそうにないですよね。手法に、担当に、説明の材料を求めようとしすぎてるんじゃないの。他の部分でもそうなんですが、この哀れなデータサイエンティストは、なんでこうなった・・・と嘆く。超かわいそう。ってことは結局、当事者として、何が求められているかわかってないわけで、つまり、何が意思決定に必要なのか教えられてないんでしょ? そこが問題でしょ。

 

いろいろ狭くて広い世界で生きてきて思うんだけど、経営者とか経済の大御所とかに、せっせと決定木やっても、読み取ってくれる人、まったくいないんですよね。(←非常に見識の狭いダメ発言)

聞いてないのか、わかってないのか、ボーッとして噛み合ってないあの第七感。光速の拳でも食らわしたくなる感。まあ当たり前ですが、世間で優秀とみなされている人ほど細部を見ようとしない(見ることができない)傾向は強い、と勝手に分析しています。だってそれどころじゃないんだもの、当然でしょう。

だから繰り返される思考停止な究極生物的「勝てばよかろうなのだァァァァッ!!」な雄叫び。 

いや、ビジネスである以上、予測の根拠なんて所詮、やる前は、確信を補強し、熱狂を増幅するものであり、ハズレたときは言い訳と責任回避の材料でしかないわけです。もちろん科学は違いますよ。それ自体を追及するコストが必要です。けどビジネスにおける分析とは、全部ベール脱がしてしまえば、ひたすら、ほぼ結果のみで評価される修羅の世界ですからね。私もたくさん負けてます。

 

で、回り道が長くてすみませんが、この記事の言う「データサイエンティストがいらなくなる日」というより「もともとそんなにいらないんじゃないの」と思っているのですよ。 だからしつこくてごめんねなんだけど

  

ビッグデータ分析に人材の壁、25万人不足見通し 

http://www.nikkei.com/article/DGXNZO57421630X10C13A7EA1000/

 

な適当なこと言っている新聞屋(特に日経は許さん←個人的怨恨)の記事は、どうしても胡散臭いわけです。いい加減な見積もりすぎやしないかと。(もっと適当に分析して、そのうち書く予定。と思ったらid:TJOさんが・・・後述

 

そしたら、ふと思い出して、昔調べたネタを漁ってみたわけです。

 

BEST JOBS IN AMERICA  

 http://money.cnn.com/pf/best-jobs/

 

2012を見てみましょう。

  1. Biomedical Engineer 
  2. Marketing Consultant
  3. Software Architect 
  4. Clinical Research Associate
  5. Database Administrator
  6. Financial Adviser
  7. Market Research Analyst
  8. Physical Therapist
  9. Software Developer
  10. Occupational Therapist

 

・・・

・・・

 

あ、あれ?データサイエンティストは?「もっともセクシーな職業」なのに・・・そうですか。DB管理者が5位だよ。こうなったらDatabase Administratorに俺はなる!

いや、いままでなかった職だから2012に出てないのは仕方ないって話だと思う?

なら、そんな2013にポッと出の職業が日本国内で25万人も不足すると思う?

 

(2010版だかの和訳) アメリカの職業別勝ち組ランキング 2010

http://gigazine.net/news/20100311_best_job_in_usa/

 1位はシステムエンジニアで、年収の中央値は8万7100ドル(約790万円)、最大年収は13万ドル(約1200万円)でした。

 

 最もセクシーなのに、BEST JOBではないなんて、さすが米国、いつも果てしなくドリーム・インキュベータですよね。

 

f:id:dsca:20130808141431j:plain

 

そのうち発表されるかしらんが2013版のBEST10にも登場しなかったらまじでけしからんですよ。日本を散らかしたツケを払わせたい。(←誰にだよ)その代わり、BEST 5にデータサイエンティストが入ったら、私は罰として言い出しっぺに近いGoogleの株を全力で空売って恐怖に震えてみます。(嘘)

 

・・・だから、一部の、Googleやら、HBSみたいなMBA屋が言うことを日本の新聞屋も政府の御用学者も真に受けすぎなんだよ。クラウドで米国に完敗したツケを、今度は人材にまわすなっての。金太郎飴的、量産型データサイエンティスト養成なんて、人材消耗ビジネスしかけている人たちも、もっと将来を考えてほしいよ。需要を見誤って法科大学院で食いっぱぐれた弁理士さんらの悪夢のようにならないといいんだけど。

 

うーん。とてもセクシーな職業&需要があると思えないだけなんですよ。優秀な人はどこへ行ってもやっていけるでしょうが、それはどの職業でも言えることでして。

 

おかしな文句ばっかりつけて、ほんとにごめんなさいね。

 

 

 

よろしければ関連記事もどうぞ。どうも需要的に嘘くさいんですよ。なお私は楽天は好きですが、日経は大嫌いです。と、思ったらid:TJOさん、仕事が神速&セクシーすぎるでしょ。そして、これは素晴らしい推定。私も同意です。

 

データサイエンティストは精鋭の6000人しか要らないかもしれない

http://tjo.hatenablog.com/entry/2013/08/09/201732  

アダルト向けで一部ウケするかしないか程度のネタなのに、いい塩梅に推定してくれてありがとうございます。より具体的に鋭く突っ込んでくれてる、こちらの良記事をぜひご参考ください。

 

関連記事

(検証編)
【IT&WEB業界人向け】日本のビッグデータ関連技術者数を推定してみる 2014~2015

http://negative.hateblo.jp/entry/2013/08/15/154627

(いちゃもん編)

楽天のデータサイエンティストは数10人!日本のデータサイエンティストの半分も楽天にいません!

http://negative.hateblo.jp/entry/2013/07/30/182418